2016年10月14日(金)~16日(日)、槍ヶ岳~南岳山行報告5(2日目大キレット底まで下降編)

南岳小屋にて荷物を整理した後、カメラと最低限の装備をもって、小屋を出る(14時40分)。

まずは、獅子鼻へ。すばらしき大キレットと北穂高の眺望

獅子鼻から大キレットを眺める
1442_2977

振り返ると、南岳小屋~南岳~槍ヶ岳方面1443_2978

しばらく獅子鼻からの眺めを楽しんだ後、大キレットへ下降開始。

ザレ場や岩場、ハシゴを慎重に降りていく。

40分ほどで、大キレット底までやってきた。

降りてきた大岩壁を見上げる。要塞のような迫力があった。1526_2994

大キレットと北穂高を見上げる1535_2999

1534_2997

この先しばらくは、比較的穏やかな稜線が続く。
時間は15時30分過ぎ。
さらに進んで行きたい衝動もあるが、日も短くなっている10月半ばなので、ここで引き返すことに。

行きとほぼ同じ40分ほどで、獅子鼻までもどってきた。

一旦南岳小屋へもどってからも、夕暮れ前にまたカメラをもって出る

南岳~槍ヶ岳も焼け始めていた1656_3002

大キレット~北穂高も西日を浴びる1700_3005

太陽の左手、かすかに色が付いて、幻日のようにも見えた1710_3012

しばらく沈みゆく夕日を眺める1712_3015

1716_3020

振り返ると満月1717_3022

その後、南岳小屋にて夕食。
写真を撮っているうちに体が冷えてしまっていたので、暖かいご飯とお味噌汁がホントにおいしく感じられた。

食後は、この日も談話室でテレビを見ながらビール。
隣の会話にも耳を傾ける。ジャンダルムの経験談などなど。

早めの就寝。この日もぐっすりと眠ることができた。

以下、その6(3日目朝の景色編)へ続きます。。。