もう1か月近く前となる、7月18日(月/休)

デイトナ675にて大山を訪ねた帰り

蒜山の鬼女台展望所に寄って休憩

1340_1248

さて、これから、高速に乗って京都へ帰ろうと、エンジンかけるが、かからない。。。

もう一度セルを回すが、1回目よりさらに力弱くなり、やはりかからない。。。

去年も暑い時期、エンジンがかからず、ちょっと間を置いてセルを回すと、
何事もなかったかのように、エンジンかかったことがあったので、
今回もそのパターンかと、間をおいて、セルを回すが、さらに力なく、かかる気配なし。

これはもうちょっと間をおいてやろうと、いったん展望所の売店にもどり、飲み物を飲む。

で、しばらくして、再度、セルを回すが、ちょっとした反応を返すだけで、全く回りもしなくなった。

これはもう復活の見込みはないなと、任意保険のロードサービスに連絡を入れる。

で、レッカー手配後の連絡を待つ間、修理の受け入れ先を検討。
鳥取にレッドバロンがあることは知っていたので、連絡を入れてみる。
(なぜ鳥取レッドバロンの存在を知っていたがは、こちらの記事参照「大山でパンク-細長い金属が側面へ貫通-」)
事情を伝えるも、修理待ちの車両が多く、当日の対応は困難とのこと。
まぁレッドバロン購入車両でないので、ある程度予想していたこと。
で、他にトライアンフ車両の対応可能な、バイクショップありませんかと訪ねてみたところ、
トライアンフ岡山さんくらいですかねと教えていただく。

自分もトライアンフ岡山の存在は知っていたが、大山=鳥取にいるものと思っていたので、選択肢に入ってなかったのだが、
よく考えると、鬼女台展望所は蒜山地域で、すでに岡山県側まで来ているのだった。

で、ここでもう一つの問題が発生(^^;)
このやりとりの間に、携帯のバッテリーの残量がわずかとなり、ロードサービスからの連絡を受けるまでに、切れてしまうかも。。。

他に頼るものはないと、展望所の売店の店主の方に事情を説明し、ロードサービスからの連絡を受けていただくようお願い。
快諾していただき、その旨、ロードサービスに再度連絡を入れ、現地連絡先の変更を伝える。
その際に、受け入れ先についてロードサービスと相談すると、レッカーサービスで現地に向かう業者とまず相談するように、とのこと。

で、携帯はメールで他の連絡を入れているうちに、実際に電源切れとなってしまった。
が、ネット機能オンリーのスマフォはあるので、こちらで、トライアンフ岡山さんの営業時間や、
当日預けることになった場合の帰りの交通手段について、ネット検索しながら、レッカーの到着を待つ。

以下、その2に続きます。。。