2016年10月14日(金)~16日(日)、槍ヶ岳~南岳山行報告4(2日目槍ヶ岳~南岳縦走編)

槍ヶ岳山荘にて昼食後、槍ヶ岳を離れ、南岳へ向かう(11時45分ごろ)

1146_2898

これから行く縦走路1148_2899

槍ヶ岳~東鎌尾根を振り返る1204_2905

西鎌尾根と槍ヶ岳山荘を振り返る1204_2906

12時過ぎ、大喰岳山頂到着

槍ヶ岳を振り返る
1208_2907

さらに先へと続く稜線を眺める1215_2910

12時30分ごろ、中岳山頂の麓に到着
1228_2912

槍ヶ岳~南岳間は、ほぼ平坦な縦走路だが、ここだけ少し急な岩登りとなる。
その前に、上の写真一枚だけ取って、水分補給。

小休憩後、再出発。10分ほどで中岳山頂に到着。
さぁ写真を撮ろうと、ザックからカメラを取り出そうとするが、ナイ(^^;)
カメラそのものも大事だが、カメラを失くすと、何より、この山行中に撮った写真がすべて無きモノに。。。(^^;;)

ダッシュで降りる。すれ違った2組に、カメラを見かけなかったか尋ねるが、いずれも気づかなかったとのこと。

さきほど休憩した辺りまでもどって見回すが、見つからない。。。
さらに少し先まで行って振り返ると、太陽光を反射して、光っているものが!
急ぎその場所に戻ると、それが置き忘れたカメラだった。
登山道から1mほどはずれたところで休憩して、カメラを置いたので、他の登山者の目に入らなかったのだろう。

一安心して、また中岳山頂を見上げる。
すれ違った際、カメラのことを訪ねた数人組のパーティーが見える。
この方たち、足を止めて、こちらの話にしっかりと耳を傾けてくれる親切な方たちだった。
(翌日同じように、天狗原ルートを降りられていたので、その後も何度も顔を合わせることに)

1250_2914

12時55分、中岳山頂へ再び到着。
1258_2920
カメラ置き忘れによる時間ロスは、15分ほどですんだ。
(数年前バイクツーリングでも、カメラ置き忘れ-旧ブログ記事-があり、そのときも短い時間ロスでよかったが、3度目はないように気をつけねば。。。^^;)

中岳山頂から、歩いてきた縦走路を振り返る1256_2915

槍ヶ岳山頂から西へ東へと伸びる尾根が一望できる1256_2916_2917

中岳から先の縦走路。
この先、いったん左手へと回り込んでから南岳へと進むことになる。
1301_2926

何度も槍ヶ岳を振り返る
1300_2925

中岳から降りてきて、また振り返る
左手が中岳、右手が槍ヶ岳、その間が大喰岳1326_2931

少し行ってはまた振り返る。
大喰岳カール(写真中央)がくっきりと姿を見せ、その先右手の殺生カール下に殺生ヒュッテが見える。
1330_2934

進行方向は平坦な道。天気も良く、風も穏やか、すれ違うこともほとんどない静かな登山道を満喫1332_2937

振り返ると、ガレ場越しの槍ヶ岳1332_2939

槍ヶ岳を振り返った後は、また平坦な道を進んでいく。1345_2944

少し進んでは振り返り。。。1354_2948

また少し進んでは振り返り。。。1356_2950

1359_2957

14時過ぎ、南岳山頂到着
1408_2959

正面に穂高連峰、眼下に南岳小屋1412_2961

このとき、南岳から見た穂高は、まさに黒い岩の塊1415_2963

14時15分、南岳小屋に到着。槍ヶ岳山荘から約2時間半。
この日が最終営業日となる南岳小屋で、宿泊手続き(南岳小屋は小さい山小屋で事前予約済み)を済ませる。

この後、大キレットへと降りて、下から大キレットを眺めに行くことに。
以下、10月槍ヶ岳~南岳山行報告その5へ続きます。。。

▽この日の関連記事